FXをやるまえに、しっかりとデモを!

By jakarta on in 誰でもわかるFX

最近のFXは、シミュレーションやデモがきちんと証券会社によって用意されています。
FXは用語もさることながら、操作も重要です。
とくに短期取引の場合は、手際も重要になります。
会社によって画面が違うので、FXを始めようとしている人は、シミュレーション、デモを試してみるといいことでしょう。

相場観も鍛えられるかと思います。
まずは、ゲーム感覚に持ち金を増やしていくことができるかどうか、というところでしょうか。
目標としては、最初の持ち金の20%~40%ほど増やすところから始めてみてはいかがでしょう。

実際にリアルのお金をかけると、難しいものであまり増やせなかったりします。
デモだとすいすい稼げるというか、下がってしまったので決済せずに放っておいたら増えていた、なんてこともあります。
そういう意味でも、ゲームのようにというのは変な言い方ですが、FXに関してはあまり気負いをせず、ゆとりをもってやるのがいいのではないでしょうか。


始めてみようかと検討しているFX

By jakarta on in 誰でもわかるFX

銀行に定期預金でお金を預けておいても、超低金利な日本では利息はたいした金額にはならない。銀行に預けっぱなしにしておくよりも、やはり自分で資産運用した方が大切なお金を増やすことができるのではないだろうかと思うようになった。
しかし、資産運用にはリスクがつきものだ。株、投資信託、FXなど、自分なりに色々調べてみたが、リターンを求めるとやはりリスクが気になってどうしても手を出せない。
そんな中、友人の1人が豪ドルでかなり稼いだと言っていたのを聞いて、自分もFXをやってみたくなった。FXは初心者には危険だと何かで読んだことがあるが、リターンが大きいのでやはり魅力的に思える。
仕事柄、為替レートは毎日チェックしているので、やってみる価値はあるかもしれない。もちろん元本割れの危険はあるので、その点を念頭に置いておかなければいけない。
まずはどのFX業者を使うかリサーチ中だ。ネット取引に限定した業者がかなり低価格な手数料を売りにしている。
FXについてもっとしっかり知識を付けたうえで、実際の取引を始めたいと思う。


私がFX取り引きを始めた理由=FXとは=

By jakarta on in 誰でもわかるFX

 物の取り引きは、「安く買って、高く売る」その差額を利益にするというのが一般的でわかりやすいと思います。ただ、これだと相場が上がるタイミングと判断しないと取り引きには手を出せません。
 しかしFXは、「まず高く売って、あとから安く買い戻す」ことで利益を出すことができるのです。

 1ドル100円のレートで1万ドル(100万円分)を買い、1ドル110円になったところでそれを売り、10万円の利益を得る。これが「安く買って、高く売る」一般的な取り引きスタイルです。逆に、1ドル110円のレートで、実際には持っていない1万ドル(110万円分)を売り、1ドル100円になったところで、その1万ドル(110万円分)を買い戻すことで、10万円の利益を得る。これが「まず高く売って、あとから安く買い戻す」スタイルです。

 この場合ドルを持っていないのになんで売れるの?と疑問に思われる方が多いと思いますが、簡単に考えると手持ちの日本円を担保にドルを借りて、そのドルを売ったということです。

 株式取り引きでも、「空売り」と呼ばれる先に売りから入ることもできますが、その場合は借株料などの手数料がかかります。しかし、FXは売りから入ってもその為の手数料がかかりません。

 相場が上がっている時でも下がっている時でも気軽に取引に入れるので、私は株を止めてFX取り引きを始めました。


FXって何だろう。

By jakarta on in 誰でもわかるFX

ネットで何かを検索し開く画面の上側又は、横側に必ずいってもいいくらい宣伝の中にFXが表示されます。キャンブル 賭け事セレブの投資者がする事だというイメージがあってスルーしたのです。
最近 「初心者でも出来ます」「特に難しい知識は不要」等見かけます。興味を持つようになりました。始めて開いて読みました。「株」とどこか違うのでしょうか。多少違うみたいのですが どこか違うかまだ把握してません。気になっています。「外国通貨を買う」ことから始めるようですね。どんなシステムになっているかどうかも分からないままです。やっぱり知識がないと危険のような気がします。少額から始められるところがメリットの所がありました。
まずどんなシステムなのか把握してからが安全でしょうか。それでも少額から練習のつもりで実行しながら知ることもいいかもしれません。例え失敗しても少額の損で済みます。勉強代、授業代だと思えば安いかもしれません。気になっているのであれば 実行するのみですね。